無償でお金くれる人

 無償でお金くれる人だと信じていたんですけど、見事に騙された形でした。
そんなことあるの?
こんなコミカルな手口で、本当にあるの?
もう呆れかえりまくりです。

 20歳の女子大生です。
アルバイトの時給が安すぎること、コロナ禍で仕事も減っていることで、困り果てる状態をつづけていました。
時給が安すぎる。
コロナで仕事の数が少ない。
板ばさみって感じでした。
金欠女子だったから、支援を受けてもいいよなって考えるようになっていたんです。

 無償でお金くれる人を見つける必要がありました。
体の関係無し、食事だけ、そんなステキな優しいパパとの出会いを夢見ました。
マッチングアプリの中なら、お金持ちパパっているに違いありません。
利用者が多い場所なら、優しいお金持ちがいるんです。
なんとか支援してもらわなければって気持ちを強め、アプリの中で活動していきました。
お金をくれる人の掲示板

 エッチしないパパは数が少ないと言われています。
そのためアプリの中で活動して、直ぐ出会いをみつけられたと言うことはありません。
だけど、やっぱり安全性が高いところだったのか、危険な思いはしませんでした。
そのため、順調な募集をつづけられました。
すると、無償でお金くれる人からの連絡がやってきたのです。
瞬間、血が煮えたぎるような感覚を覚えてしまいました。

 メール交換からLINE交換になり、詳細を話し合うことになりました。
パパは食事デート希望でした。
支払いは都度払いで3万円と言ってくれます。
現金手渡しに、心が弾みまくる状態でした。
すんなりと待ち合わせを決められました。

 無償でお金くれる人との食事は、高級料理店ではありませんでした。
私でも気軽にこれるようなお店です。
そこで食事をして、凄く楽しい会話を弾ませられたんです。
見た目も優しそうで、真面目そうな人だったから安心してしまいました。
帰り際、財布を車に忘れてしまったから取りに行くと言って席を立ちました。
直ぐ帰ってくると思っていました。
ところが、待てど暮らせど相手の男性は姿を表さないのです。
結局1時間待ったけれど、相手は帰って来ず。
料理代金2人分、私支払うことになってしまいました。
お金の無償支援
愛人募集掲示板