オナニーの見せ合いの関係から、本当に付き合うことになった。
最初はただの、オナニーの見せ合い。ネットで相手探して、次第に仲良くなって、お互いののプライベートなことも相談しあえるようになった、というだけだった。
ただ、彼女にはちょっと悩みがあって。オナニーではイケるけど、実際のセックスでイッたことがない、むしろ相手に触られても気持ちいいとは思えない、という悩みを打ち明けられたんだよね。
そういうこともあって、オナニーの見せ合いをし始めたってきっかけらしいんだけど。
俺、オナニーの見せ合いしてる女の人って、たいていセックスが好きで、性欲旺盛なタイプの人ばかりだと思ってたから、ちょっと認識違ってて恥ずかしくなったんだ。
オナ電アプリを使った僕が相互オナニーを無料でするオナ友と出会うまで
だって、まさか、そんなことで悩んでる人がオナニーの見せ合いするなんて思わないじゃん。
罪滅ぼしという気持ちもあって、一生懸命励ましたり、慰めたり、自分でも女性のセックスの問題についての記事とか、心理学の本読んだりして勉強したよ。
なんかさ、これ、俺が一緒に解決してあげなきゃいけない問題なんじゃないかって気がして。
相談受けたんだから、何かしらの解決方法を提案してあげる義務があるんじゃないかって、必死だったんだよね。
下心なく、エッチに誘ったのも初めてだった。
「今度、俺で良かったら試してみる?触られてイヤだったら、イヤって言ってくれていい、すぐ止めるから」って。
彼女のセックス恐怖症のようなものが治ればそれでいい、そう思ってただけだった。
時間はかかったけど、彼女もだんだんと感じてくれるようになって・・・それで何となくお互いが大事な人になっていったの。
オナニーの見せ合い
ビデオチャットアプリ

投稿済 カテゴリー: 嫉妬