LINE掲示板を使ってセフレ募集をして、相手をみつける事には成功しました。
すぐさま待ち合わせの約束が決定して、ラブホテルにチェックインすることもできました。
ここまでは自分の想像していた通りの展開で、なんともウキウキした状況だったのです。
しかし、挿入して射精することにも成功したのですが、一緒にいた時間がわずか30分ぐらいだったのです。
かなり欲求不満だったから挿入することで気持ちよくなることは出来ましたが、相手が反応がない事もあって消化不良といったセックスになってしまいました。
しかも条件付きのセックスだったから、2万円も30分で支払うことになってしまって何だか腑に落ちないことばかりでした。
セフレ関係と言うものは皆このようなものなのか?たまたま自分があった相手が淡泊だったのか?この辺は自分で判断することができませんでした。
翌日になって仕事の帰りに、いつもの居酒屋に繰り出した時の事でした。
昨日の出来事を同僚に話してみたのです。
すると彼から想像していなかった答えが返ってきました。
「掲示板なんか使っちゃったのか?そりゃ気の毒に」
「気の毒ってなんでよ?一発やる事は出来たよ」
「だってたった30分で2万円も取られちゃったんだろ」
「まぁ…な」
「それは素人の女じゃないんだよ」
「えーっ!」

掲示板を使って相手を探すことができたのに、やってきたのは素人ではないと言われて驚きを隠せませんでした。
「そういうのってさ、援デリ業者が派遣した女なんだぜ」
「援デリ業者?」
「無料で利用ができる掲示板なんて、素人の女をみつけるのはかなり難問だって思っていいよ」
自分はセックスをする事ができたし、何の問題もないように感じたのですが、素人ではないと言う事を聞かされてやはりかなり衝撃を受けてしまいました。